2020年09月14日

国家試験

STの国家試験が2月20日の土曜日、
PTOTの国家試験が2月21日の日曜日。
今回はコロナの関係で実習がなかなか対応できない分、
逆に卒論や国家試験の勉強には時間がかけれる?のか、
そうでもないのか…。
よく学校の状況がみえません。
また国家試験合格率も、
このコロナの状況に影響を及ぼすのか、非常に心配です。

それ以上に心配なのは、
実習ができないことでの、
スムースに患者評価ができなくなる可能性。

果たして…。
posted by リハ技士 at 17:51| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月11日

高校インターシップ 鶴岡工業高校

以前に説明しましたが、鶴岡工業高校のインターシップが、
来週の水〜金曜日にきます。
男子学生2人、女子学生1人きます。
話しを聞くと、リハ技士だけでなく、看護や介護にも興味はあったようなので、
全体的にみてもらえればと思っています。

コロナがある中で、
病棟見学はできず、1階での対応のみになります。
インターシップの先生に聞くと、
インタシップの対応を断るところもあったとのこと。
確かにこのご時世ありうる話です。

前回の採用面接のときも、
リハの実習ができない(学内実習のみ)ところがけっこうあることを知りました。

このコロナはただ景気を悪化させるだけでなく、
教育に対しても大きな影響を及ぼしています。

posted by リハ技士 at 15:34| 山形 ☀| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月10日

日本作業療法士会 リハビリ各職種についてのパンフレット

ブログ管理者、来週水曜日に仕事の説明会を高校でしていきます。
そのためにPTOTSTの各職種のパンフレットを見ているのですが…。

どうも作業療法士協会のパンフレットは、絵が味気なさすぎるタッチになっています。
ただ内容は結構まとまっているとは思います。

日本言語聴覚士協会は、
ブログ管理者の探し方が悪いのかもしれませんが、
どうもパンフレットは作っていないような…、
ただ石川県の言語聴覚士協会はいいものを作っていました。

日本理学療法士協会は、
ポスターもパンフレットもリーフレットも多彩でした。
参考になるものが結構あります。
posted by リハ技士 at 20:48| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月09日

日本理学療法士協会 読売新聞 全面広告

4月27日と、7月17日に日本理学療法協会は、
読売新聞に全面広告をだしています。
4月27日は、このようなステイホームでの運動がありますよ的な内容、
7月17日は、理学療法士とは何かを説明したもの+運動時の熱中症の注意がでていました。
これは設立55周年記念事業の積立金でだしたものとのこと。

さて1面全面広告はどの程度費用がかかるものなのでしょうか。
ホームページでいろいろリサーチしたところ4500〜4800万円程度?かかるようです。
2回したということは、9000〜9600万円、
うーん、理学療法士協会、
このお金の使い方は、波紋をよんでいないのでしょうか。
もちろん、理学療法の宣伝は必要なのでしょうが、
なんかしっくりこないのは私だけでしょうか?

posted by リハ技士 at 17:32| 山形 ☀| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月08日

厚生労働省 病院報告 令和2年5月版

厚生労働省が毎月報告している病院報告。
ちらっと興味本位で見てみると、
結構興味深かったので報告します。

この報告の中には4つのグラフがでています。
(グラフは昨年1月から今年5月まで)
まず1つ目は、病院の1日平均在院患者数。
2月まではグラフはほぼ並行的なグラフになっているのに、
3月、4月、5月と大きく減少しているグラフになっています。
1日平均外来患者数も似たようなグラフになっています。
おそらくこのコロナの影響で、医療機関の受診控えが顕著にみられているのです。
3つ目のグラフは、病院の月末病床利用率。
なぜか昨年の12月に落ち込んで、1月に大きく上昇したものの、
2月以降減少しています。
12月の原因は分かりませんが、2月以降はコロナが関係しているのでしょう。
最後のグラフは、病院の平均在院日数。
昨年の1月から今年の3月まではほぼ波はありながらも並行をたどり、
4月、5月と明らかに上昇しています。
やはりこのコロナで退院もスムースにできない環境になっている可能性があります。

うーん、これだと普通に考えても病院の経営状態は悪化するでしょう。
次の報告は、その病院の経営状態をチェックしたいです。
病院の経営状態の調査も国としてしているので、出ていたら報告したいと思います。
posted by リハ技士 at 18:28| 山形 ☀| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月07日

リハビリ採用試験

昨日はリハ技士の採用試験がありました。
以前にも報告したかもしれませんが、
PT6名、OT4名の応募でした。
今回は何もリハ技士確保に向けて、
リハ技士部として活動はしていなかったので、
この人数は驚きでした。
ただSTは、まだ応募が来ていないので、
随時、採用試験は行っていきたいと思います。
posted by リハ技士 at 18:10| 山形 ☀| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月04日

高校対応

まだちよっと先ですが、
山形県立中央高校で、
当法人の紹介と看護・介護・リハ職の仕事紹介を
9月16日の午後行ってきます。

あと鶴岡工業高校のインターシップ、
16、17、18日(各日、午前中のみ)に、
1階のみ(外来リハ 通所リハ)の見学と説明を行います。

posted by リハ技士 at 15:52| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月03日

社会保障審議会介護給付費分科会A

昨日のブログ、一部変なところで改行されていましたね。
失礼いたしました(修正しました)

さて昨日の続き、訪問リハの件。
論点は2つでています。
2つ紹介します。
【今後高齢化が進展し医療ニーズを有する高齢者が増加していくことが想定される中、医療ニーズを有する要介護者の生活を支えるサービスとして、訪問リハビリテーションサービスが必要な者に必要なサービスを効果的に提供できるようしていくことが求められるが、医師の関与や自立支援の取組の更なる促進、通所リハビリテーションや総合事業との役割分担等についてどのように考えるか。 】
まずまたでてきた「医師の関与」。これも厳しい設定になるのでしょうか。
この関与の仕方に関しては、どのような形が提示されるのか戦々恐々です。
そしてこれも通所リハで出てきた「自立支援」。
やはり社会参加支援加算の基準や点数が変わる可能性があります、
また通所リハでもそうですが、
新たなアウトカム評価が提示されるかもしれません。

2つ目
【リハビリテーションと機能訓練との連携や移行をより効果的・効率的に行うため、その基礎となる計画書等の整合や在り方についてどのように考えるか。】
これも通所リハと似ていますね。
これは計画書のテンプレ変更は間違いないようですね。

当法人だと介護老人保健施設のリハも行っています。
これも分科会の内容を見ると、
リハの指示箋のありかたに、
介護報酬上、具体的な目標・リスクなどを書かなければいけなくなるような文章が…。

posted by リハ技士 at 16:13| 山形 ☀| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月02日

社会保障審議会介護給付費分科会@

7月20日にあった社会保障審議会介護給付費分科会。
来年の介護報酬改定での通所リハについて議論がされています。
その議論の中身は議事録が公開されていないので、わからないものの、
当日資料は公開されているので、予測することはできます。

特に一番最後の資料にある「論点」の文章がポイントです。
4つ論点があるのですが、2つ挙げましょう。
1つ目。
【今後高齢化が進展し医療ニーズを有する高齢者が増加していくことが想定される中、医療ニーズを有する要介護者の生活を支えるサービスとして、通所介護との役割分担や、医師の関与、自立支援の効果的な取組を更に促進していくための方策について、どのように考えるか。 】
ここで気になるのは、「医師の関与」。
逆に言うと医師の関与ができないところは点数を下げることになるのでしょうか。
つまりもっとリハマネ加算のT〜Wの加算をメリハリをつけるような状況??
(T、Uは点数が下がる?)
また「自立支援の効果的な取り組み」を評価するとなると、
例えば社会参加支援の点数を引き上げるかもしれません。
あと自立支援のビッグデータの収集も評価されるかもしれません。

2つ目。
【リハビリテーションと機能訓練の連携や移行をより効率的・効果的に行うため、その基礎となる計画書等の整合や在り方についてどのように考えるか。 】
以前にも報告しましたが、
更なるリハ実施計画書の項目の整理がされて、
医療から介護に移行しやすい計画書に更にブラッシュアップする形になる…?

次は8月19日に同じ会議で訪問リハの話があり、資料が公開されているようなので、
明日のブログで報告したいと思います。
posted by リハ技士 at 19:04| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月01日

国際医療福祉機器 今年はWEB

PTOTSTネットで確認しましたが、
今回は国際医療福祉機器展 やはりWEBになってしまいました。
確かに実際に触って、操作したりなどの実体験はできないかもしれませんが、
今回のWEB版は、参加・閲覧は無料とのこと。
浅く広くみる、ということはできますね。
10月21日〜10月末の間の期間なので、まだ先ですが楽しみです。
300社を超える大イベントをどうWEBでみられるようになるのか、まだわかりませんが、
量的にもかなりあり、見ごたえはあるはずです。
posted by リハ技士 at 18:16| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする