2020年08月31日

新型コロナウイルス感染症に職員が罹患した回復期リハ病棟のリハ

上記タイトルのWEB講演会が先週土曜日にありました。
(コロナウイルス感染の初期・2月にリハビリ病院で初の感染事例、
ただし他に感染者をだすことなく、感染を抑え込んだ対応、
7月にも1人感染者をだしたが、これも感染の抑え込みに成功)
ブログ管理者、興味があり視聴。
あまり詳しい話は、できないものの、
非常に示唆に富んだ話がいくつかありました。
1点だけ「うーん」とうなってしまったのは、
病院でコロナ陽性者がニュースに出たときに、
その後の3日間は、事務に電話が鳴り続けて、
ひどい言葉を何度も浴びせかけられた、ということ。
その後の心のケアの対応も含めて、
もし当法人に陽性者が出た場合に参考になるはなしでしたが、
ちょっとため息をつきたくなる話でもありました。
あと様々な風評被害を防ぐために、
院長がテレビ出演やWEB出演で、
様々な誤解をとくように、
当院の初動体制でどのようなことをおこなったのか丁寧に説明したようでした。
(コロナウイルス報道から1週間たった以降は、風評被害は収まったということでした)

当地域においても、そのような事態になってしまうのでしょうか。
posted by リハ技士 at 17:30| 山形 ☔| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月28日

うつ病 9段

今日は安倍総理の辞意のニュース、驚きました。
ここ数日は、このニュースでもちきりでしょう。

さてブログ管理者、将棋が好きで、
日曜日の午前中にあるNHKのEテレで、
将棋の対戦を毎週楽しみにしています。
それもあって、結構将棋の棋士の方の名前と顔は結構覚えています。
その中に先崎9段がいるのですが、
一時前、うつ病でかなり長い間休んでいました。
しゃべりがうまくて、かなり社交的なイメージがあるひとだったので、
将棋ファンとしてはショックでした。
しかしもう今は復帰し、今までと変わらないような姿を見せています。

先崎9段は、このことを著書にし、
闘病記録としては、結構なロングセールとなっています。
NHK BSはその著書をドラマにし、11月に放映されるようです。
タイトルは「うつ病 9段」

そのドラマのホームページを見ましたが、
うつ病になると、どうなってしまうのか、
そしてそのうつを先崎9段はどう乗り越えていったのかがわかるドラマになっているようです。
もう身の回りの人たちにも、
襲い掛かるかもしれないうつ病、
まだ放映は先ですが、11月の放映、絶対見たいと思います。
posted by リハ技士 at 17:20| 山形 ☀| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月27日

現在のリハ技士募集状況

昨日の時点で、PT3名、OT3名の状況。
まだSTが募集にきていません。

待っています
posted by リハ技士 at 18:37| 山形 ☀| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月26日

避難訓練

今日は避難訓練。
1階の作業療法室の調理室が日中に出火した想定で行いました。
(どこが出火するかは事前に教えてもらえず)
ブログ管理者は、初期消火の担当で、
散水栓を使用しました。
しかし散水栓は1階にいくつかあるのですが、
私が選択した散水栓では、調理室まで届かず、途中で水を出すマネをして、退散しました。
散水栓がどこまで届くのか、いろいろ想定しなければいけないと反省しました
あと一つ問題だったのは火元になった作業療法室のドアを開けたままにしたこと。
現在、このコロナの状況の中で、
だいたいドアは換気をよくするために開けっ放し状態です。
しかしこの場合は、酸素を断ち切るためにもドアは閉めるべきでした。
消防隊の人から、指摘がありました、これも反省です。

あと若手で、護送・担送の意味をよく分かっていなかった人もいたので、
あとで科長レベルから、指導をいれたいと思います。

posted by リハ技士 at 17:47| 山形 ☀| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月25日

様々なところから…

国や県などから、様々な物資が送られてきます。
一番多いのはガウンとフェイスガードでしょうか?
他にもウエットティッシュのようなものなど、
本当にたくさんきます。
医療機関に対してのこれだけ手厚い取り組みに対して、
本当にありがたいと、
まず心から感謝しています

もちろん特にコロナに関わった医療機関の疲弊や、経営困難は大変なものです。
ただ医療機関や介護施設を守ろうという、皆さんの想いは本当に感じ取ることができます。
その感謝の思いを胸にしまい、
リハ部門も当然ですが、まず目の前の患者対応に真摯に対応していきます。
posted by リハ技士 at 17:53| 山形 ☀| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月24日

堀ちえみ 24時間テレビ 手術後初歌唱

昨年2月に舌がんの手術を受け、舌の6割を切除したタレントの堀ちえみ(53)が23日、日本テレビ系「24時間テレビ43」に出演し、会場の東京・両国国技館で1985年の曲「リ・ボ・ン」を歌い上げた。
(JCSAT テレビウォッチ 2020年8月23日 記事引用)

日本テレビのワイドショーで見ましたが、
歌っている方が話すよりより自然に聞こえたのが不思議でした。
話すと若干、声がこもっている印象を受けたのですが、
歌い始めると伸びやかな声が出ており、
まさしく歌手なのだと、意識づけられる瞬間でした。

そして舌が6割もない状態でのこの歌唱レベルまでもってくるまでにいたった、
壮絶なリハビリを思うと、
この結果は、本当に良かったと思います。

今度はどこで、堀ちえみさんの歌声が聞けるのでしょうか。
posted by リハ技士 at 17:04| 山形 ☀| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月21日

オンライン研修会 リハビリ

現在、PTのオンラインでの研修会WEBで、
代表的なのかどうかはわかりませんが
リハの目PTチャンネルがよさげです。
講師陣も勉強不足のブログ管理者でも有名な先生がでていました。
気になる値段は、
様々コースはあるのですが、
例えば6ヶ月見放題コースで、2772円でした。
法人向けコースというものもあり、
それも3つのコースがありましたが、
それは個別にみるのではなく、集団でみてもいいもので、
病院などの勉強会につなげられそうです。

他にもこのようなリハビリのみのオンライン研修会はあるみたいです、
興味ある方は、リサーチしてください。
posted by リハ技士 at 16:35| 山形 ☀| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月19日

あずみの里裁判 無罪確定

安曇野市の特別養護老人ホーム「あずみの里」で入所者の女性=当時(85)=がおやつのドーナツを食べた後に死亡した事故で、業務上過失致死罪に問われた准看護師山口けさえさん(60)の無罪が確定し、弁護団と支援者は十二日、松本市内で会見を開き、東京高裁の無罪判決と東京高検の上告断念を評価した。裁判を巡って萎縮が続いた現場では、利用者の生活の質の向上と安全を両立させる介護に向けて再構築が始まる。
(中日新聞 WEB版 2020年8月13日 記事引用)

以前、高裁で無罪になったことは報告しました。
ただブログの最後に、
検察側が上告し、最高裁がどう判断するか、予断ならないことを付け加えました。
しかし、検察側が上告断念ということで、無罪が確定しました。

実はこの裁判に鶴岡協立リハ病院の元医師が弁護士側の参考人として出廷しました。
今回検察側はドーナッツ片による気道閉塞を主張し、
おそらく弁護側は福村医師を参考人と呼び出し、
ドーナツ片では窒息せず、死因は脳卒中であることを主張したのだと思われます。

結局死因は高裁では判断しませんでした、
これはおそらく仮に窒息だとしても、
その患者さんが窒息してしまうという予見性を判断できない、というものだったかと思います。

そして高裁は、以下にこう言い切りました。
時間を費やすのは相当でなく、速やかに原判決を破棄すべきである」
高裁がここまで言い切ったことが、
上告断念の1つの大きな要素につながったでしょう。

以前にも報告したように、
民事では賠償金を払い、遺族に謝罪をしています。
しかしこの刑事において、罪が認められるということになると、
もうリスクの高い患者は多くの施設では引き受けづらい空気になってしまう状況に陥ります。
もちろん、入居者の安全安心は追及しなければいけません、
しかし常に事故のリスクはゼロにはなかなかできません、
なおかつ介護者の絶対数が少ない中で、介護職の対応はぎりぎりの体制で行っているところが多いでしょう、
なおリスクは高まってしまいます。
そこで介護事故を刑事罰にしたら、もう介護職のなりてはいなくなるでしょう。
そこまでいかなくても、
過剰な安全対応をしていけば、
なるだけ動かさない(廃用が進んでしまう、自立が進まない)、
新たなことは行わない(介護の質の改善が進まない)などにつながっていくでしょう。
今回は食事のことだったので、
例えば食事内容が同じ内容になり、食の楽しみが減ってしまうなどにもつながりかねませんでした。

当法人も今回のあずみの里裁判で、介護職を中心に署名活動を数多く集めました。
全国でもたくさんの署名が集まったと聞いています。
とにかく関わった皆様、ご苦労様でした。
posted by リハ技士 at 16:34| 山形 ☀| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月18日

運動量増加機器加算

CYBERDYNE株式会社は、筋力低下や麻痺などにより上肢や下肢などの運動機能が低下した患者を対象として使用するHAL医療用「単関節タイプ」について、2020年7月31日付けで厚生労働省より「運動量増加機器」として保険適用の通知が発出されたことを同年8月3日に発表した。
(Livedoor News 2020年8月5日 記事引用)

鶴岡協立リハ病院では、記事にあるサイバーダインの単関節HALをリハビリに使用しています。
今回の運動量増加機器加算の対象聞きになり、うれしい限りですが、
どうも加算点数が月150点、最大その2か月分しか請求できないのは、
このような機器を進めるインセンティブとしては、弱いような気がします。
もちろん、経営的な視点だけで語ってはいけませんが、
どうしても、もうちょっと高くてもと…、思ってしまいます。

もっとエビデンスを高めるために、様々なところから報告がたくさん出れば、
次の診療報酬改定では、もっと大きく点数が跳ね上がるかもしれません。
posted by リハ技士 at 18:05| 山形 ☀| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月17日

第57回日本リハ医学会学術集会

以前も報告しましたが、
今回のタイトルの学会は、
ポスターを郵送し、学会運営側で貼り付けてもらい、
それで参加することとしました。
(学会には直接行くことはしない)
ただ作ったポスターは、送り返してもらえないということで、
つまり廃棄することとなっています。
事前にポスターを見せてもらいましたが、力作ぞろいでした。

さて学会は、オンラインでの学会参加もできるとのこと。
日程は8月19日〜22日となっています。
posted by リハ技士 at 18:32| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする