2020年01月08日

相模原殺傷事件 初公判

堀ちえみさん、徹子の部屋の様子がワイドショーにでていましたね。

肉声も確認しましたが、

確かに以前の話し方と比べれば違和感はあるものの、

話す内容はきちんと聞き取れる話し方だったので、少し安心しました。

ただ目標は歌うということなので、

2年後にそこまでもっていけるのかどうか、要注目です。

おそらくこれからは定期的に堀ちえみさんがテレビに出る機械は増えていくと思われるので、

番組欄チェックはしていきたいと思います。


ここ最近のニュースでもう1つ気になったのは、相模原の殺傷事件の初公判があったということです。

(19人を次々にためらいもなく殺していったという報道を聞いたときの衝撃は今でも忘れません)

被告は重度障がい者は社会にとっては不幸であり、安楽死させる方がいいという、

ブログ管理者からすれば、理解しがたい信念と言うか思想をもっています。

またインターネット上でも、被告ほど極端な言い方はしないものの、

しかし被告に似た考え方をネットに挙げる人もいます。

もうそこでブログ管理者としては生理的に受け付けないところもありますが、

しかしだからと言ってその被告らの主張を切り捨てて、無視するのも違うとも思ってしまいます。

じつはある本を買いました。

タイトルは「いかにして抹殺の〈思想〉は引き寄せられたか」というもの。

精神医学の分野から、

被告の植松の主張を聞き、なぜその主張するのかと言うことを分析し、

そのうえで批判していくという内容になっています。


この本をネタ本にして、

読む時間もあるので、来週中にはこのブログで何回か分けて報告したいと思います。

お楽しみに。

posted by リハ技士 at 18:46| 山形 ☔| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする