2019年12月25日

パラリンピック競技紹介9

パラリンピック競技紹介 9回目。

今回は車いすラグビー。


今年は日本でのラグビーのワールドカップ、

日本が活躍したこともあって、

かなり盛り上がり、

スポーツ番組以外においてもラグビー選手が番組にでることが多くなっていますね。


車いすラグビーは室外ではなくて室内で行いますが、

なんとタックルが認められているので、なんと車いすが倒れる💥こともあるほど、

ものすごく迫力満点のようです

細かなルールは興味がある人はリサーチしてもらえばとは思いますが、

とにかく格闘技系的な要素があるスポーツなのです。

(ボールは楕円形ではなく、バレーボールを加工したような球になっています)


さて現在オーストラリアがここ2連覇中で、今回も優勝候補のようでした。

日本人は前回銅メダルを取り、

今回はそのオリンピックで金メダルをとるために、

アメリカのヘッドコーチも招聘(しょうへい)するなど、力を入れているようです。


次回は車いすフェンシング。

posted by リハ技士 at 17:20| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする