2019年12月11日

呼吸器リハの施設基準変更?

来年の診療報酬改定の議論では、呼吸器リハの疾患別の施設基準についても触れられています。

現在、呼吸器リハの施設基準は、

(呼吸器リハ1の場合)常勤理学療法⼠⼜は常勤作業療法⼠合わせて2名以上(専従・常勤の理学療法⼠1名を含む)となっています。

言語聴覚士の対応において、

呼吸器疾患を数多く行っている現状から鑑み、

もしかしたら、

施設基準において、

理学療法士又は作業療法士が、

上記に付け加えて、又は言語聴覚士となる、と付け加わるかもしれません。

果たして…。

posted by リハ技士 at 15:24| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする