2019年12月06日

回リハ病棟、FIM得点の患者への説明を要件化か

【厚生労働省の中央社会保険医療協議会(中医協)は20191129日の総会で、回復期リハビリテーション病棟入院料や入退院支援に対する評価のあり方について議論した。回復期リハビリ病棟入院料では、リハビリのアウトカムを適切に評価できるよう、入棟時のFIM得点について患者への説明を要件化することが検討された】

(日経メディカル 2019124日 記事引用)


リハ実績指数をまた引き上げるのではないかといううわさも飛び交っているのですが、

それは不明確な情報なので、ひとまずそれは置いておきましょう。

上記引用の記事がでた趣旨としては、

おそらく国は現場でのFIM評価が適切なのかどうかを疑っているのではないでしょうか。

入棟時のFIM点数が抑えられているのではないかという文章を何かのレポートで読んだ記憶があります。

つまり患者・家族にFIMの入棟時の点数がわかるように説明することで、

病院によって入棟時の抑えられたFIM点数が適正な数値になるだろうということです。


他にも様々情報がきています。

また来週紹介しましょう。

posted by リハ技士 at 17:30| 山形 ☁| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする