2019年11月25日

トヨタ、リハビリ支援ロボの受注開始=医療機関向け

トヨタ自動車は、下肢まひの患者用のリハビリ支援ロボット「ウェルウォークWW−2000」の受注を開始した。来年2月の納入を予定。患者の状態に合わせた歩行補助やゲーム機能を採り入れることで、療法士の業務負担低減と患者の効率的な歩行練習ができるという。医療機関向けに年間50台の販売を目指す。
(時事通信・2019年11月22日 記事引用)

とうとうあのトヨタがリハビリロボに参入ですか。
まだこの業界では実績がないので、すぐには普及するとは思いませんが、
抜きんでて開発資金力があるので、
この業界のライバルたちは戦々恐々でしょう。
なにしろ連携しているのは藤田保健衛生大学。
リハビリに関しての貴重な研究報告は、この大学発信のものも結構ある印象があります。
2020年度に50台を目指すとあり、
その価格は2350万円とのこと。
(レンタルもあり、2017年度から開始、月35万円…)
相当、お金持ち病院じゃないと厳しいですね。

トヨタは今後もこのような生活支援のロボットに力を入れていくことは間違いないようで、
更なる生活支援ロボの開発が更に進みそうです。

果たして…。


posted by リハ技士 at 18:09| 山形 ☔| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする