2019年11月13日

病院経営、人件費増で赤字=診療報酬改定に影響―厚労省調査

厚生労働省は13日、医療機関の経営状況を調べた医療経済実態調査の結果を公表した。精神科病院を除く一般病院の利益率(収入に対する利益の割合)は2018年度でマイナス2.7%の赤字だった。17年度と比べると0.3ポイント改善したものの、医療従事者数の増加により人件費が膨らみ、経営に影響を与えていることが浮き彫りとなった。】
(時事メディカル 2019年11月13日 記事引用)

この結果は、おそらく診療報酬の本体の改定率に影響を及ぼすかもしれません。
財務省提示の医療費本体マイナス改定は、
強制的に行えば、病院の更なる経営悪化を引き起こし、
医療行政に引き返しのつかない事態になってしまう可能性を秘めている、かもしれません。
前にも話したように、
これから政治が入り、様々な綱引きを行われ、結局は医療費本体は前回より低下させるが、ほんのわずかなプラス改定、
また同じく薬価部分を落とし、全体の診療報酬改定率はやはり前回より落としてのマイナス改定になるのではないかとふんでいます。

果たして…。

posted by リハ技士 at 16:48| 山形 ☀| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする