2019年11月11日

認知症診断は男女別の基準が必要

【言語に関する記憶力は男性よりも女性で優れている。しかし、女性では記憶力の高さ故に従来の認知症診断テストでは、認知症の初期症状が見逃されてしまう可能性が示された。米・University of California, San Diego薬学部のErin Sundermannらは、健忘性軽度認知機能障害(amnestic mild cognitive impairment;amnestic MCI)の診断に利用される記憶テストの基準値を男女ごとに調整すると、男女それぞれ10%ずつMCIの診断結果が変わることをNeurology2019年10月9日オンライン版)に報告した。】
(2019年11月1日 あなたの健康百科by メディカルトリュビューン 記事引用)

認知の男女差、
特に女性はもともと記憶力が高いゆえに、たとえ能力が一定程度落ちたとしても、
男性と比べてあまり記憶力に差がないということになり、
認知症の初期症状を見過ごしてしまう、という報告。
うーん、なるほどなのです。
なぜなるほどと言うかというと、
今まで女性は認知症が多い、だけどMCIは男性が多いという結果だったからです。
今回の記事で、実は女性もMCIは本当は男性と同じぐらいいたのにも関わらず、
初期症状を見過ごしてしまったために、認知症になるひとが増えたという流れになります。

しかしそもそも女性の方が記憶力、特に言語記憶力が高い、というのは、確かに実感でわかることでした。
高齢者の集いにはたいがい女性がたくさんでていて、男性はそもそも参加しないことが多いです。
参加したとしても、お話は女性がメインで、男性は静かにしていることが多いです。
なんとなくではありますが、
言語記憶力の高い人と社会的交流ができる人では統計的に相関できるんではないんでしょうか。

今後のMCIの検査における基準値が男女によって変更になるかもしれません…。

posted by リハ技士 at 18:48| 山形 ☁| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする