2019年10月31日

日本リハビリテーション医学会 秋季学術集会

11月15〜17日に、日本リハビリテーション医学会 秋季学術集会が行われます。

発表参加ではないのですが、

これからの発表や、スタッフの刺激にもなるということで、

リハ技士部からは4名出席予定です。

場所は静岡、

内容は、ブログ管理者がよだれが出てしまうような魅力的なテーマが確かにたくさんありました。

また医師は3人も参加ということでした。

まだ先の話ではありますが、天気だけは悪くならないことだけを祈ります。

posted by リハ技士 at 19:15| 山形 ☀| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

財務省 診療報酬引き下げ要求へ

【年末の診療報酬改定に向けた財務省の改革案が30日、分かった。増加する国の医療費を抑えるため、診療報酬の引き下げが必要と訴え、国民負担の抑制を求める。2020年度予算への反映を目指すが、日本医師会などの反発が予想され、調整は難航しそうだ。】
(中日WEB 2019年10月30日 記事引用)

まぁ財務省はそういうでしょう。
しかしすでに厚生労働省は地域医療構想によって、
公立、公的機関の統廃合は徐々に進んでいます。
しかし財政諮問会議では、まだまだ十分ではないとかなり批判をしているのです、
それを受けてか、
首相も病院の再編とともに過剰なベッド数を削減するように閣僚に指示しています。
つまり財務省に言われなくても、
いい悪いは別として、医療費の適正化を図るための対応は、もうしています。

おそらく財務省が考えているのは医療本体の改定率をマイナスにする、というものでしょう。
(前々回の2016年度の診療報酬改定で、全体の改定率が3期ぶりにマイナス、
2018年度も2016年度を上回るマイナス改定率)
2002年、2006年に医療本体の改定率マイナスはありましたが、
この時の病院経営はかなり大変だったでしょう。

財務省が言っていることを政治家が丸のみすることは考えづらいですが、
ただ今回の消費税で景気が落ち込むことで国家収入が減り、
それで医療費本体にメスをいれる、という展開にならないことだけは祈りたいと思ってしまいます。


posted by リハ技士 at 18:32| 山形 ☁| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

パラリンピック 競技紹介6

不規則に紹介しているパラリンピック競技紹介、その6回目。

今回はゴールボール。

まずこの競技はあまり聞き覚えがない人が多いのではないでしょうか。

ブログ管理者は知りませんでした。

対象は視覚障がい者。

ただし視覚障害のレベルによって、プレーに支障が出ないように、

全員アイシェードという視覚を遮断するゴーグルのようなものをします。

コートはバレーボールのコートとほぼ同じ大きさ。

人数は33で、鈴の入ったバスケットボールのような球を投げ、

相手側のゴールに入れればポイントとなるゲームです。

投げ方には一定程度のルールがありますが、

いかに見えない状況の中で、

例えばわざと攻撃側も相手側も足音や手をたたいたりしてかく乱したりなどの騙しあいをしながら、

ポイントをとる、もしくは守る、ということをするのです。

このスポーツは音が重要なので、

観客はゴールした瞬間以外は静かにしなければならない、とのことでした。

ユーチューブを軽く見させてもらいましたが、なかなかスリリングでした。

(上記の説明ではよくわからないかもしれません、ユーチューブで確認してみてください)


このゴールボールは、かなり力は拮抗しているようで、

どこが上位になるかはわからないようです。

なので、日本にもメダルのチャンスは十分あるようです。


次回は、柔道。

posted by リハ技士 at 16:32| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

堀ちえみ 歌手復帰に意欲!リハビリ頑張って

【今年2月に舌がんの手術を受けたタレントの堀ちえみ(52)が20日、都内の書店で著書「Stage For〜舌がん『ステージ4』から希望のステージへ」(扶桑社、21日発売)の発売記念サイン会を開催。2月の舌がん公表から約8カ月ぶりにファンの前に立った。】

(スポニチ アネックス 20191020日 記事引用)


堀ちえみさんはそれもある年代層には思い入れがある元アイドル。

ブログ管理者も歌もドラマも直接学生時代に見ていました。

その堀ちえみさんが舌癌。

現在、2週間に1回程度の言語聴覚療法や、

同じく月1回のボイストレーニングをして、

とにかく最終目標としては歌を歌えるまでを考えているようです。

この記事においては、

まだ人前では話せないということで筆談のやりとりをしたようですが、

果たしてどこまでリハビリでその目標に達成できるのか、注目です。


堀ちえみさんのブログも確認しましたが、

美味しそうな食事やかわいいペットの紹介、

外に出たときのその場所の風景の写真など、

インスタ映えしそうな写真がきれいに飾られていました。

世間に向かって何か表現をしなければいけない芸能界の世界を何年も過ごし、

癌手術後、歌えない、話せない中で、何かを世間に表現したいと思うのは自然なこと。

このブログ自体が堀さんにとって、現在生きがいなのかもしれません。

このブログの(写真から見える)華やかさを感じながらも、

逆にその切なさも感じてしまいました。


堀ちえみさんが、せめて普通に話せるシーンがみられる日を待ちたいと思います。

posted by リハ技士 at 17:40| 山形 ☀| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

第29回神経リハビリテーション研究会in長野

全日本民医連でのリハビリ部門の全国発表会。
当院からは院長とPTOTST各1名が発表参加。
台風第19号にその後の更なる雨で、
院長も含めて会場までたどり着けるか心配していました。
今日からが本番なのですが、
昨日は前日企画があり、すでにホームページにその様子がでていました。
そしてなんとうちの院長・PT・OT・STがそのホームページの写真にでていて、
よかった、ちゃんとついていたなと確認してしまいました。
また今日の様子もホームページに載っており、
いくつかある写真の中に少しだけ院長が写っていました。

明日も研究会はあり、
おそらく昼過ぎ終了だと思います。
天気はいいようなので、スムースにかえってくることを願うばかりです。
(最近、異常な天気に対して、若干ナーバスになっていて…)


posted by リハ技士 at 16:15| 山形 ☔| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月24日

リハの記録について

現在、リハの記録はセコムの電子カルテに直接入力しています。
ただ今後は試行期間をもちながらも、
リハスタという今までも事務への単位請求と
帳票作成(患者スケジュール管理)に使用していたものを、
日常の記録にも使用していくこととなっています。
そして今日、科長・主任に業者から記録の仕方をレクチャーしてもらいました。
今後、多少の混乱はあるかもしれませんが、
その時はきちんとレクチャーできるように構えていきたいと思います。

posted by リハ技士 at 17:29| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

半年目発表会

今日は半年目発表会。
鶴岡協立病院から3名、鶴岡協立リハ病院から7名の発表。
PT室、OT室にわかれて発表会を行いました。
PT室では無線マイクの乾電池切れになり、
マイクが使用できなくなるなどのアクシデントはありましたが、
おおむねスムースに進行したのではないかと思っています。
ただ討議時間をゆっくりとっていなかったので、
皆さん時間を気にしてか、あまり手を挙げて意見・質問が少なかったような…。

まぁ、とにかく無事発表が終わり、
新人とその指導者は、とにかくご苦労様なのでした。

posted by リハ技士 at 17:46| 山形 ☀| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

即位の礼ではありますが…

巷の医療機関は祝日体制のところが多いようですが、
当法人では普通の勤務。
ブログ管理者、明日は、半年目発表会ということで、
今日夕方遅くに抄録を各科(協立病院には事前にデーターを配信)に渡しました
(夕方、コピー機を30分程占領してしまいましたが…)

発表者の皆さんが、悔いなく発表できるよう、祈っています。
posted by リハ技士 at 18:32| 山形 ☔| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

パラリンピック 競技紹介D

パラリンピック競技紹介、今回で5回目。
今回は5人制サッカー。
別名、ブラインドサッカーとして知られる競技です。
結構この5人制サッカーは、テレビでも紹介されていて、
パラリンピックの競技においては比較的メジャーなものになっていると思います。
当然対象者は視覚障がい者(ただしゴールキーパーは別)。
アイマスクをしながら、鈴が入ったボールをけり、
その音を聞いて、どこにボールがあるかを予測しながら、サッカーをするという、
もう忍者並みの競技なのです。

この競技は、普通のサッカーと同じくブラジルが圧倒的に強く、
過去4回、1位になっています。
日本は正直まだ国際大会では結果を残せていない(6位が最高)のですが、
やはり地元開催と言うことや、
若手の成長もあるという報道も聞いているので、メダルを期待したいと思います。

次回は、ゴールボール。

posted by リハ技士 at 17:57| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

ボツリヌス治療研修と見学対応

一昨日はグラクソ・スミスクライン株式会社から、
医師とPTが来院し、
痙縮
ボツリヌス治療の実際(全般)について
治療前後の流れ
ボツリヌスとリハビリテーションについて
と、ここまでが座学(スタッフ全員対象の学習)
痙縮治療における筋肉選定・同定(実技)を座学の後に行いました
実技は10名×2グループに行いました。
それに付け加えて医師も3名入って、指導を受けました。

当院ではボツリヌス治療を行っていますが、
まだ本格的に実技も含めた研修は受けていなかったので、
リハの参考になったかと思われます。

ちなみにこの講義の前に、
戸田中央病院の理学療法士が、
当院で行っている装具治療に対して見学にきました。
当院のPT科長と中堅PTが対応しています。


posted by リハ技士 at 13:32| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする