2019年07月31日

原水爆禁止2019年世界大会 壮行式 理学療法士の参加

広島と長崎へ原爆投下から74年目のこの夏
原水爆禁止2019年世界大会へ
鶴岡協立リハビリテーション病院リハビリテーション技士部
理学療法科より入職2年目のA君が選ばれました。

彼を送り出すにあたり、
本日法人内で壮行式が行われ技士部のみんなでを送りました
20190731_142558.jpg
子供にでもわかる戦争反対、爆弾禁止
なぜ・・大人はこうも難しく考えるのか
大人になっても素直に表現できる場が今回のような機会なのかもしれません
平和があってこその医療だと思います。
命の危険は私たち理学療法士とは真逆の存在ではないでしょうか・・
私たち理学療法士はリハビリテーションを目指しているのですから・・
子供の頃の願いを大人になって叶えたいと思いました。

協力してくださったスタッフの皆さん
PTさかい
posted by リハ技師 at 15:04| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

7月21日の2年目発表会

遅らばせながら例年通り、
2年目発表会で発表した当法人のリハ技士
そのタイトルを紹介しましょう。

鶴岡協立リハ病院 作業療法士
「退院後、翌日より職場復帰した症例」
鶴岡協立リハ病院 理学療法士 
「バーキンソン病憎悪患者の自宅退院に向けて 〜歩行による移動手段の獲得と家族支援〜」
鶴岡協立病院 理学療法士
「自宅生活再開のために運転について検討した症例」
鶴岡協立リハ病院 言語聴覚士
「経鼻胃管栄養から3食経口摂取を獲得した症例」
鶴岡協立リハ病院 作業療法士
「重度片麻痺を呈した症例の更衣動作に着目した介入を通して」
鶴岡協立リハ病院 理学療法士
「脳梗塞による姿勢制御障害に対して、残存機能に着目し介入した症例 〜ベッド周囲動作の獲得に向け〜」
鶴岡協立リハ病院 理学療法士
「小脳性運動失調を呈した症例 〜ベッドサイドADL自立を目指して〜
鶴岡協立病院 理学療法士
「呼吸苦により活動性が低下した症例 〜散歩の継続を目指して〜」
鶴岡協立リハ病院 言語聴覚士
「顔面肩甲上腕型ジストロフィーに対する介入 STの視点から〜」
鶴岡協立リハ病院 理学療法士
「下肢筋力改善により動的バランス能力や歩行能力の向上につながった症例」
鶴岡協立病院 理学療法士
「進行乳癌患者との関わりを通して 〜精神的苦痛の軽減を目指して〜」
でした。

今度は1年目の半年目発表がまたリハ技士部内(鶴岡協立病院・鶴岡協立リハ病院)で行われます。
まぁ日程としては、おそらく10月下旬あたりになるかな??
posted by リハ技師 at 18:29| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

今日のランチョンセミナー📚

猛暑日が続いています。
皆さん夏バテしていませんか?
私と患者さんは、冷蔵のきいた?効きすぎた病院で・・
新鮮保存されている状態です
きっとこれが一番鮮度を保てると思っていますが・・

今日のお昼は研修医の医師より
「脊柱の圧迫骨折」について講義を受けました。20190729_122127.jpg
多くのリハスタッフがお弁当を食べながら熱心に講義を受ける姿に感動です。
私は、外出訓練で頂いた大量のキュウリとトマトを皿にてんこ盛りに盛り付け( ^ω^)・・・
味噌とマヨのコラボにこれまた感動ながら拝聴させていただきました。

先々週に「慢性疼痛(SEISEN嵩下講師)」について研修医と一緒に受けたことを振り返り・・
リハができることを明確にしてアプローチすることが大切だと感じています。

PTさかい


posted by リハ技師 at 14:23| 山形 ☔| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

2019年上半期「老人福祉・介護事業」の倒産状況

2019年上半期(1-6月)の「老人福祉・介護事業」倒産は、55件だった。年上半期では2018年同期から2年連続で前年同期を上回り、介護保険法が施行された2000年以降では、年上半期で最多を記録した。

 なかでも、ヘルパー不足が深刻な訪問介護事業者の倒産が急増した。この状況で推移すると、2000年以降で年間最多の2017年(111件)を上回る可能性が出てきた】

(gooニュース 201974日 記事引用)


小規模事業所ではなかなか人手確保が困難のようで、

倒産したところの中身をみていくと、小さいところほど倒産しています。

確かに介護職の人手不足は深刻です。

(当法人においても、会議では介護職確保の議論はかなりの頻度で行われていて、

全国的にそうだと思いますが、

医師・看護師・介護職の確保は法人では至上命令と表現すべきものです)

また倒産したところでは設立5年以内が3割と、

意外と新規にこの介護事業に進出した組織が多いのですが、そこがうまくいっていません。

この介護産業は、進出ハードルはひくいものの、

資金やノウハウがなくて安易に進出しているケースが多いのではないかと、

上記の記事では分析をしていました。


介護報酬改定は2021年ですが、

これまでの介護報酬改定率は、

2003年が-2.3%2006年は-2.4%(2005年度の改正もふまえる)

2009年は+3%2012年は1.2%2015年は-2.27%2018年は+0.54%

現在の政府は2012年の12月からなので、

おそらく政府の今までの動きをみていくと、

介護報酬改定率を大きなプラスにすることは考えづらいでしょう。

10月からの消費税も結局、今までもそうであったように、

借金を少なくするために使用されるのではないかと考えています。


そもそも人手不足に対して、政府は外国人を介護職にという対応と、

そもそもの介護保険の対象者数を絞る(要介護12を介護保険から外す)という対応が考えられています。

果たして今後政府が上のような政策も含めて、

どのような対策を出していくのか、注意深く見守っていきましょう。

posted by リハ技師 at 16:58| 山形 ☁| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

脳卒中友の会たんぽぽ 遠足 顛末

昨日報告したように、
脳卒中友の会たんぽぽの遠足がありました。
天気もよく、当院から出発する7名は出発予定20分前には全員きており、
順調なスタートでした。
しかし協立病院で1名の会員さんが来ておらず、そこで15分待ち、
結局諸事情によりその方は不参加となりました。
その後は順調に、
土門拳記念館、酒田健康生活協同組合へ行き、
最後に鳥海フラットでの食事となりました。
鳥海フラットの食堂に入ったのですが、かなり盛況で、座れる席が11席しかなく、
とりあえず「座って」と指示したのですが、
お店の人から、
「勝手に座らないで、私が指示するの」と怒られてしまう始末
ややへこんだブログ管理者、
しかし70代の会員と20代のリハ技士が食事を終えた後、
一緒にアイスクリームを食べながら会話をしている「女子会」を見て、
やや癒されました。

帰りは協立病院に会員を3名降ろし、
その後にリハ病院で全ての会員を降ろし、この遠足は終わったかと思っていたら、
協立病院でおろした会員のお土産を持ってきてしまったことが判明
またバスの助手席に置いていたバックがあるのにも関わらず、
そのままバスがいなくなってしまうということも…
結局、お土産を家まで運び、なおかつバックも取りに行きました。

今度は9月5、6日の青森の東北大会、
今度は失敗がないように……、していきます。
posted by リハ技師 at 17:59| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

患者会 遠足

明日は脳卒中患者会の遠足。
行くところは、
土門拳記念館、
酒田健康生活協同組合、
鳥海ふらっと です。
(9時開始、15時30分終了)

参加者は11名の会員、職員6名。


明日の天気は、天気予報だと降水確率は30%、
微妙な数値です………。



posted by リハ技師 at 14:12| 山形 ☀| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

医療生活協同組合やまがた リハ職種 採用試験日+就職説明会

9月16日(3連休の最終日)にリハの第1回目の採用試験があります。
(1回目でたくさん応募があれば、1回で終わることも…、
希望人数まで届かない場合は、10月下旬から11月上旬のところで、採用試験を組む予定です)

また当法人の就職説明会は、
8月16日(金曜日)の午前中に行われます。
どちらとも当法人の人事に電話してもらえれば、受け付けますのでよろしくお願いいたします。

posted by リハ技師 at 18:20| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

高齢者の「通いの場」明確に=介護予防推進で骨子案−厚労省検討会

日曜日は2年目発表会も

ブログ管理者は他の出張があったため、出席できなかったので、

様子はわからないものの、

とにかく、2年目とその指導者はご苦労様なのでした。

(後でその様子は聞いておきます)


さて

【厚生労働省は19日に開いた有識者検討会に、介護予防事業の推進に向けた中間取りまとめの骨子案を示した。高齢者が集まって運動や会食、喫茶、趣味を楽しむ「通いの場」について、介護予防に効果のある取り組みを全国に広めるため、類型化するなどして定義を明確にすることを提案した。

 骨子案は、市町村の担当職員に通いの場の具体的なイメージを持ってもらうため、参考となるような各地の事例を周知する方針を示した。この他、通いの場を利用した高齢者に「ポイント」を付与するなど、積極的な参加を促す仕組みについて検討する必要性も盛り込んだ。】

(2019719日 時事通信社 記事引用)


その骨子案がどこを探しても見つけられなかった………

ただ昔の資料で介護予防先進地域の紹介はあり、

おそらくその骨子案も同じような地域の紹介は載っているだろうと推察しています。

その先進地域のところで共通するのは、「住民主体」。

もちろんこの「住民主体」までもっていくことが、

行政側でかなり工夫と連携が必要であることは確かで、

そこに関しては確かに先進地域の取り組みはかなり参考になるのだと思います。

ただその地域の環境によって、その状況は変化するので、

そのまま使用できる、というものではありません。

なので最初の運営側の利用者や地域の分析はある程度は必須で、

おそらく先進地域もただ介護予防をなんとなくやったら成功したのではなく、

きちんと評価したうえで動いたのではないかと思います。


とにかく工夫して、通いの場所を作り、孤立をなくし、

なおかつ身体も精神も廃用にさせない取り組みが、

23年後には多くのところで、できているでしょう。

果たしてうちの地域はどのような通いの場所があればいいのか、

皆さんも考えてみてください。

posted by リハ技師 at 18:51| 山形 ☁| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

手足口病、過去10年で最多

明後日は、県連2年目発表会、

選挙の投票日とも重なって、急遽、当院が会場となったために、

今日、会場の準備を行う予定となっています。


さて

【乳幼児らが感染し、手足や口に水疱(すいほう)性の発疹ができる手足口病の患者数が過去10年で最多になったことが16日、国立感染症研究所のまとめで分かった。流行の中心が九州から中部地方などに移っているとみられる。感染研は、流行がさらに広がる恐れがあるとして、手洗いの徹底などの予防策を呼び掛けている。

 感染研によると、今月17日に全国約3000の小児科から報告された患者数は31065人。1医療機関当たりは9.79人で、同時期としては過去10年で2011年の9.72人を上回り最も多かった。】

(時事通信 2019716日 記事引用)


当地区でも流行っていますね〜。

うちの職員の子どもでも罹患した人がいたことは聞いています。

基本子どもがかかる病気ではありますが、大人もまれにかかるようです。

(大人にかかる場合は、ほとんど子どもからもらっています、

結構かゆみなど、辛いようですね)

手足口病、本来熱は微熱のようですが、

今回は最初に高熱がでるタイプがはやっているようで、

子どもにとっては例年のものよりは辛いようです。

ただ熱は12日で消え、発疹もせいぜい1週間ということなので、

あまり恐れる病気ではないようですが、

この時期だと脱水が絡んでしまって、重症化する、ということはあるようです。


とにかくそうならないためにも予防、予防です。

子どもの使っているタオルは共有しない、

手洗いはまめにする、などを徹底するしかありません。


もしかしたら、まだこの流行は拡大するかもしれません、

特に子どもさんがいるご家庭、気を付けてください。

posted by リハ技師 at 17:59| 山形 ☁| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

山形医療技術専門学校 就職説明会

今週の月曜日に、
当院のOT科長と、鶴岡協立病院のPTとで、
山形医療技術専門学校の就職説明会にいってきました。
PT学生3名、OT学生3名がきてくれたようです。
反応も良かったという報告も…。
今回は、ペーパーでの資料だけでなく、
写真や動画も利用してのパソコンを駆使してのプレゼンも頑張りました。

今年は、5校のガイダンスに行く予定、
その第一弾、まずまずでした。
posted by リハ技師 at 19:24| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする