2019年05月29日

ためしてガッテン 吉尾先生登場

もう1週間過ぎましたが、
NHKのためしてガッテンに当院のPTが事務局をしている研修会に毎年のように来てくれる吉尾先生が登場しました。
そのためしてガッテン、その日の番組紹介を一部引用します。
………。一生車いすと思われた多くの脳卒中患者を、次々と歩かせることに成功している理学療法士の吉尾雅春さん。現代医療を大きく進歩させたその功績の裏には、一見突拍子もない発想と、逆境に屈しないゆるぎない信念があった!
番組では4人の人が紹介され、そのうちの1人が吉尾先生。
ちなみにこのブログ初心者の方は吉尾先生といってもピンとこない人もいるでしょう。
ごく簡単に説明します。
まず現在勤めているのは大阪にある千里リハビリテーション病院。
なんとそこで副院長という役職。
また他にも、
日本理学療法士協会神経理学療法研究部 副会長
脳卒中理学療法ガイドライン班長
理学療法ジャーナル編集委員 で活躍されています。また著作も様々だされています。

番組の内容は、すみません、ブログ管理者見落としていました…
おそらく例えば左半身麻痺の人に右健側を鍛えて左脳で左半身患側を制御していく、というものだったかと…。
詳しく知りたい方は、
おそらく吉尾先生が編集に関わっており、
今年の4月に出版されたばかりの「脳卒中理学療法の理論と技術 第3版」に一部書かれていると推察。

皆さん、見た方はいたでしょうか。
posted by リハ技士 at 13:15| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする