2019年05月21日

介護保険の福祉用具貸与、2019年10月貸与分から平均貸与・上限価格を引き上げ―厚労省

日曜日の第2回山形リハビリテーション研究会、

いろいろ他の病院の先生から発表のことで声をかけられたようで、

松島先生、満足いった発表ができていたようです。

この時に63日から4か月間専攻医として研修に来る先生も見に来ていたとのこと。


さて、コラムに戻りましょう。

【厚生労働省は424日に事務連絡「本年10月貸与分から適用される福祉用具の全国平均貸与価格及び貸与価格の上限の公表について」を発出し、今年(2019年)10月貸与分からの、福祉用具貸与に関する平均貸与価格・上限価格を明らかにしました。】


以前、福祉用具の価格は事業所の裁量になっていて、

同じ製品においてもかなり高い価格が設定されていたりして問題視されていました。

そのために2018年度の改定から、

製品の全国標準価格を説明する義務を設けたり、

価格も上限を設定したり、ということを行ってきました。

しかしこのような高い価格設定は、きちんと病院などのリハチームが入っていれば、

この価格はおかしいから、他の業者に移行すべきとなるはずです。

ゆえに今までの高い設定していた業者は、

そのようなところに絡まないようなところに目を付けた悪徳業者と言っちゃっていいでしょう。

ゆえに今回の改定では、特に当院としては変化はないのですが、

全国的に見れば、そのような悪徳業者から、利用者を守るためにも大事な改定だったとは言えるとは思います。

posted by リハ技士 at 17:56| 山形 ☔| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする