2019年04月01日

4月に障害者手帳、カード化も 厚労相「利便性向上」

今日は新年度そして新人の辞令交付式。

緊張している新人の姿を短い時間ではありますが、みさせてもらいました。

ブログ管理者もなぜか緊張してしまいました😠。


さて

【根本匠厚生労働相は29日の記者会見で、4月からカード型の身体障害者手帳と精神障害者保健福祉手帳を自治体の判断で交付できるようになると発表した。根本氏は「カード化で持ち運びやすくなり、利便性が向上する。自治体には積極的に検討してもらいたい」と強調した。

従来の手帳は紙製で大きかったが、カード形式の手帳はプラスチック製でクレジットカードや免許証と同じサイズとなる。】

(山形オンライン 2019329日 記事引用)


財布のカード入れに入れておいて、

普段から使用しやすくするカードの変更はもちろん賛成です。

このような細かいところでの変更で、

意外と使用しやすくなるということはあるでしょう。

多少なりともお金はかかるものの、自治体では前向きに検討してもらえればと思います。


記事の話からは全くずれますが、カード関係と言うことで………。

ブログ管理者的には、10月以降全く見えていないのが、消費税の還元ポイントのことです。

お店で商品やサービスを購入する際に、キャッシュレス決済で支払った場合、

購入額の最大5%のポイントが付与される制度です。

まずこのような還元ポイントをする場所は中小零細企業の事業所だけのようです(大企業と中小企業をわける線は、今月明確になるようです)

つまり買う場所によって、還元するところと還元されないところに分かれます。

しかし、購入する対象がいまだにどれが還元されて、どれが還元されないかもわかりません。

つまり商品も還元するものと還元しないものが…。

うーん、ふ…く…ざ…つ😖、です。

そもそもブログ管理者、キャッシュカードを持ち歩くことにはかなり抵抗があります。

もし落としたら………と思ってしまって、どうも財布の中に入れることはできません。

そのような人も一定程度いるのではないでしょうか。


もし消費税増税をまた三度延期するんであれば、このような複雑なことはなくなりますが、

もう消費税増税を延期するタイミングは、4月中だと言われています。

果たして、どうなっていくのでしょうか。

posted by リハ技士 at 18:07| 山形 ☔| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする