2018年12月25日

忘年会

先週の金曜日は、
当院リハ技士部のほかに当院管理部と、
協立病院のリハ技士代表者1名が参加しました。

まず当院院長が還暦ということとで、
赤いちゃんちゃんこを着せ、
まずリハ技士部全体で写真撮影。
その後、各セッションに分かれて、院長への記念品贈呈と写真撮影を行いました。
全体的にはPT科長が進行を行い、
節々に各科長が院長への言葉と、当院リハスタッフへの感謝の言葉を述べていました。

忘年会では、
1年目の新人が踊りを2つ用意し、
最後の踊りでは、ブログ管理者も強制的に前に出され、
1年目と一緒に踊りました。
最初は恥ずかしかったものの、踊っているうちにみんなが喜んでくれたので、
まずよかったです。

PTの方では今年退職する人もいて、
2次会はその人の送別会を行ったようでした。

場を取り仕切った実行委員の方、
1年目の方、
また今年1年間、当院の業務をきちんと果たしてくれた全スタッフ感謝感謝です。
そんなことを感じさせた院長還暦記念式と忘年会でした。
posted by リハ技士 at 18:46| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする