2018年12月10日

「長く歩く人、認知症になりにくい」東北大の研究グループが発表

【1日に歩く時間が長い人ほど、認知症になりにくいとの研究結果を、東北大の研究グループが発表した。

調査は、宮城県大崎市の65歳以上の住民13990人が対象。1日の歩行時間で「30分未満」「30分〜1時間」「1時間以上」の3グループに分け、2007年から約6年間にわたって、認知症になった人がいるかどうかを調べた。

 その結果、「1時間以上」のグループで認知症になった人の割合は、「30分未満」のグループと比べて28%少なかった。「30分〜1時間」も「30分未満」より19%少なく、歩行時間が長いと認知症になりにくい傾向がみられた。】

(読売オンライン 20181210日 記事引用)


まぁ、そういう結果にはなるでしょう、と皆さん思う結果でしょう。

昔から有酸素運動が認知症にはいいというのは、

多数の文献から報告されていて、

リハ技士の多くは常識的に知っている内容だと思います。

また別の報告では社交的な人ほど、認知症になりづらいという報告も聞いたことがあります。

たくさん歩いているということは、

それほど外の環境に行く用事があるということですから、

社交的な人と歩く時間が多いというのは、おそらく相関があると考えます。


実際に当法人のたまり場でも、

散歩の重要性は、当スタッフが何度も参加している人に言っている内容でしょう。

ただ問題は、

散歩するモチベーションをどのように高めればいいかということです。

私たちが問題にするのは、

その散歩するモチベーションが低い人ですから、

そのような人に対しての対応の工夫が必要になってきます。

ただこれがなかなか難問で、

一人一人によって、その人の考え方の癖や、その人の環境の違いによって、

その対応の仕方は変えなければいけません。

共通する考え方はあっても、定型的なやり方などはないと思われます。


ブログ管理者、最近歩く量がめっぽう減っています。

歩くというのは今から習慣化しないとまずいのではないかとは考えますが、

最終的にはどうしても楽なことばかりに………、なってしまいます。


posted by リハ技士 at 19:14| 山形 ☁| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする