2018年12月03日

入院中の子供に元気を サンタ姿でチャリティーラン

【サンタクロースの衣装で走ると、参加費の一部が闘病中の子どもたちへのプレゼント購入費用に充てられるイベント「大阪グレートサンタラン」が2日、大阪城公園(大阪市中央区)であった。穏やかな陽気のなか、約5300人が約4キロのコースを思い思いに走ったりスタンプラリーを楽しんだりした。】

(朝日デジタル 2018122日 記事引用)


12月、もうすぐ今年も終わりますねぇ〜。

その前にクリスマスもあり、子どもたちが喜ぶ時期でもあります。


さて今回の記事の写真もみましたが、

5000人以上のサンタクロース姿で歩いているのは圧巻でした。

(トナカイ姿の人もいました…)

その動画も確認したのですが、

これは参加していて、楽しそうだなぁと感じさせてしまうイベントで、

なおかつその参加費が闘病中の子どもたちのプレゼントにする、というのはまさに一石二鳥のアプローチと言えます。

あとはどのように子どもたちにプレゼントするのか、

というのがブログ管理者的には気になるところ…。

病気で精神的にもつらい思いをしている子どもたちには、

うまく夢があるような対応をしてもらいたいと個人的には強く思います。


楽しく行うチャリティ、

これだったら結構お金が集まりやすいかも…、

チャリティの新しい姿が見えてきたような気がしました。

posted by リハ技士 at 19:11| 山形 ☁| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする