2018年11月12日

買い物弱者支援 企業とタッグ

今回やっとホームページに当ブログのリンクが載りました。
また他にも付け加わったものがあります。
ご確認ください。

さてコラムへ。

【生活協同組合コープこうべ(神戸市)は住居近隣にスーパーなどがない「買い物弱者」を支援するため、企業と送迎車両の共同運行に乗り出した。取引のある食品会社に経費の一部を負担してもらう代わりに広告を車体に掲載する。】

(日本経済新聞・朝刊 201882日 記事引用)


ブログ管理者、最近めっきり読書の秋です。

今読んでいるのは、広告業界を舞台としたハードボイルドミステリー(「シリウスの道」)

様々な側面からの広告業界の実態が意外と詳しく書かれていて、

初めて見る世界に興奮して読んでいました。

広告の奥深さを気づかせる本でもありましたが、

今回の記事の車体に広告を載せる方式はうまくいくでしょうか。


このような広告を専門用語でいうと、ラッピング広告といいます。

特に都市部のような人がいっぱいいるところは、このような広告は有効でしょう。

(当地域のような田舎だと、

人通りの多い道路は限られるために、当地域での効果はあまりないでしょう)

送迎車を企業と共同運行する小売店というのは、

かなり珍しく、少なくとも生協では初めてということでした。

今まで買い物支援の送迎は、採算が非常に難しかったのですが、

この共同運行で黒字になり、見事事業として成功しています。

この他にもこの車両に乗った人はサンプル品を配り、商品をPRするということも行っていくということでした。


ただコープとしては、

この事業は利益追求ではなく、

生協本来の組合員同士のつながりを重視する試みなので、

工夫しながら続けていきたいと記事の最後に述べていました。

ぜひともその方針で、今回の事業を更に前進してもらいたいと思います。

posted by リハ技士 at 18:46| 山形 ☁| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする