2018年10月16日

日本医師会 飲酒及び喫煙年齢の引き下げ案の撤回を要求

横倉義武会長は、自民党の「成年年齢に関する特命委員会」が、民法上の成年年齢を20歳から18歳に引き下げることに伴い、飲酒及び喫煙の禁止年齢も18歳未満に引き下げることが妥当であるとの提言案を示したことに対し、「医療の専門家として、この提言内容は容認しがたい」と述べ、撤回を求めるとともに、同日、自民党の稲田朋美政務調査会長に申し入れを行ったことを報告した。

(日医ニュース 2018105日 記事引用)


なぜ日本医師会は、飲酒及び喫煙の禁止年齢も18歳未満に引き下げに反対なのか、

記事を進めて読んでいくと、

アルコールの場合、

開始年齢が低くなればなるほどアルコール依存症になる確率が高まるということと、

記憶にも影響し、学業に問題をきたす、というロジックのようです。

まぁ、医学的に見れば、確かに明快です。

ただ現実として、18歳、19歳において、飲酒をしている実態がおそらくあります。

そのうえで、

絶対だめだとして、法律をそのままにするべきか、

それとも正式に1819歳の飲酒を認めながらも、

飲酒の健康の危険性を真正面に語った方がいいのか、

正直ブログ管理者には、

どちらが現実的に飲酒の健康の危険性を回避できるのかは明確な答えはでてきません。


またお酒より、イメージも悪いし、実際に健康被害があるタバコに関しても、

年齢引き下げの是非の判断は上記の理屈で、判断に迷います。


世界的には、

お酒やたばこの開始年齢は18歳からOKというところが多いようです。


果たしてこの議論は白熱して様々議論になるのか、

それとも自民党の提言集の内容のままいくのか、

状況を見守りたいと思います。

posted by リハ技士 at 18:39| 山形 ☁| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする