2017年08月03日

介護食 柔らかさの目安表示

【介護される人の状態に合わせ、柔らかさの目安を数字で示すなどとした介護職の新たな表示制度が始まった。表示商品はすでに店頭に並び始めており、高齢者の低栄養問題の改善などに効果が期待されている。】

{読売新聞(東京)・朝刊 2017519日 記事引用}


この方式で表示する介護職を「スマイルケア食」と言います。

大きく分類して3つ。

噛むことに問題がある人用(黄色で表示)

飲み込みに問題がある人用(赤色で表示)

口の機能には問題はないけれど…、という人(青色に表示)、です。


噛むことに問題がある人は4種類あり、

飲み込みに問題があるは3種類、

口の機能に問題がないけれど…、は1種類になります。


実はこのような食品の形態は、各病院によって、その名称が様々で、

地域での連携で多少なりとも問題になるものだったと思います。

しかし今回からこのような公的な統一基準が国から示されたことにより、

地域での共通言語として使用できるでしょう。

このことによって、摂食・嚥下障害をもつ人たちの食事の情報交換がしやすくなります。


どのような表示なのかは、

「スマイルケア食品」でリサーチしてもらいたいのですが、

この表示自体が一定程度の基準クリアした食品に送られるものなので、

数ある介護食品を選ぶときは、参考にした方がいいと思います


ただどのマーク(食事形態)を選ぶのかは、

そのように知識・技術がある医療機関できちんと調べてもらってから、

というのは言っておかなければいけないでしょう。

posted by リハ技師 at 19:49| 山形 ☀| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする