2017年07月31日

現代免疫物語beyond 免疫が挑むがんと難病

新書の紹介。

「現代免疫物語beyond 免疫が挑むがんと難病」

岸本忠三/中嶋彰

講談社BLUEBACKS


この本の前に、

現代免疫物語

新・現代免疫物語をこの2人の著者は書いています。

ブログ管理者も現代免疫物語は読んだことがあります。

難解になりそうな部分はかなり工夫してわかりやすく表現されていて(BLUEBACKSにありがちな難解で専門的な文章は少なかったです)

比較的面白く読んだ本の1つでした。


今回の本は、その第3弾。

多少なりとも、免疫の基礎知識がないと、読むのにはかなり苦労するタイプの本になっています。

ブログ管理者は、前回の本の知識もあり、

本の最後の方はななめ読みをいつも通り駆使してしまいましたが、

その他は前回の本より新しく見つかった知見など、かなり知的好奇心がくすぐられました。


この本の中で気になったワードは、

樹状細胞

制御性T細胞

免疫チェックポイント分子、です。


まず樹状細胞から説明したいのですが、ごく簡単に免疫ででてくる他の細胞を紹介します。

マクロファージ→病原体がきたらすぐに攻撃してやっつけてくれます。でも完全にはやっつけてくれない場合もあり。(先制攻撃タイプ)

ヘルパーT細胞→マクロファージなどで攻撃したということを感知して、様々な免疫細胞の開始にゴーサインをだします(攻撃の司令塔)

B細胞→敵が強い場合は、B細胞は抗体というミサイルを作り出し、病原体に向かって撃ち始めます。

キラーT細胞→文字通りの殺戮部隊

そして樹状細胞、

マクロファージなどで断片になった病原体、それを捕まえ、

このような敵がきているよと、ヘルパーT細胞に伝える役目になっています。

そして今回の本では、

この免疫の機能をうまく使い、がんなどの治療に生かせたことが描かれています。

この樹状細胞を体外に取り出し培養して増やし、

患部から採取したがん細胞とお見合いをさせ、体内に戻す、というものでした。

このことによりヘルパーT細胞がそのがんにそった免疫細胞を賦活化しやすくなったのでした。


今度は制御性T細胞。

まず先ほど説明した細胞はうまくいけば、悪者をやっつけてもらい、

体の中は平和になるのですが、

時にその細胞たちが乱暴者になり、過度な対応をしてしまうことがあるそうです。

過度だけではなく、とばっちりで問題ないところにまで攻撃するなど、

平和でなくなる事態もあるのです。(その代表的な疾患が自己免疫疾患です)

このような事態も人間の仕組みは想定していて、

そのような乱暴者になったひとを「やめろ!!」といって制御する細胞が、

制御性T細胞となります。

つまり自己免疫疾患に関しては、この制御性T細胞がキーになるのです。


そして免疫チェックポイント分子。

ここからだんだんと専門的になってきて、

ブログ管理者なんとなくは理解ができたのですが、説明するレベルにはなっていません

(この免疫チェックポイント阻害薬というのは、

かなり盛んに開発されていて、

今まででは絶望的であったがんに対しても有効であったりなど、要注目です)

興味がある人は、本を読んで勉強してもらえればと思います。

posted by リハ技師 at 17:39| 山形 ☁| Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

診療指針作り 患者も参加

【病気に対する標準的な治療をまとめた「診療ガイドライン」に患者の意見を反映させるために、学会などによるガイドライン作りに患者が参加するケースが増えている。医師と一緒に治療方針を決めていくには、患者や家族の側も情報を正しく理解する必要がある。】

{朝日新聞(東京)・朝刊 2017315日 記事引用}


診療指針になぜ患者・家族の視点が必要なのか、そう思う人も中にはいるでしょう。

あくまでも医師としての専門的な診療指針に、なぜ素人の視点が必要なのか。

それはやはり医師にはわからないような側面があるから、なのです。

例えば経済的な側面など総合的な視点が必要で、

そのような総合的な視点になれば、

自然と医師が患者・家族と信頼関係が気づきやすくなる、と思います。


もう一つの診療指針の使い方として、記事においても挙げられたのは、

患者・家族もこの診療指針を読むことで、

なお一層患者・家族が面談の時に理解しやすくなる、というものです。

専門用語などがあって、理解するのには一定程度能力と努力が必要ですが、

この診療指針、つまり診療ガイドラインは、インターネット上に公開されており、

このガイドラインを手に入れることは可能なのです。


診療ガイドラインをみるうえで、私がいいなと思ったのは、

厚生労働省委託事業 公益財団法人日本医療機能評価機構 Minds ガイドラインライブラリ、というホームページです。

気になった方はこのホームページで見てください。

posted by リハ技師 at 18:25| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

脳性まひ1割減

【出産時の事故で赤ちゃんが脳性まひになった際に原因を詳細に調べる制度を発足させたところ、脳性まひの発生が2009年から3年間で毎年1割ずつ減ったとする調査結果を日本産婦人科医会が11日までに、発表した。】

(日本経済新聞・夕刊 2017511日 記事引用)


なぜこのように脳性まひが年1割も削減していったのか、

記事によると、「産科医療保障制度」の影響ではないかと分析しています。

産科医療保障制度とは、

分娩に関連して発症した重度脳性まひの子どもと家族の経済的負担を速やかに補償するとともに、

原因分析を行い、同じような事例の再発防止に資する情報を提供することなどにより、

紛争の防止・早期解決および産科医療の質の向上を図ることを目的としているものです。

20091月から開始されたものです。

この制度は、出産施設が加入するものになっていて、

実際ほとんどの施設が加入されているようです。

(心配であれば、だいたいその施設の掲示コーナーに掲示されていると思います)


この制度は単なる保障だけでなく、

第三者機関が、

その脳性麻痺になった原因とその情報の共有と言う医療の質を向上させたことが大きいと言えるでしょう。


最後にこの産科医療補償制度設立のきっかけとなったのが、「福島県立大野病院産科医逮捕事件」です。

200412月、福島県・大熊町にあった福島県立大野病院で出産した女性が帝王切開の手術中に死亡して、

執刀した産婦人科の医師が業務上過失致死・医師法違反の容疑で20062月に逮捕されたのです。

当時、人を救うために行ったこの行為に対して逮捕と言う衝撃的な警察の対応は、

これでは産婦人科なんてリスクが高くてやってられない、という空気を作ってしまいました。(訴訟数も他の分野と比べてかなり多い状況でした)

これだと、なりてがいなくなる

→残っている医師が多忙になる

→その医師が燃え尽き症候群や体調不良で辞めてしまう

→更に残っている医師が多忙になる、という悪循環に陥ってしまったのです。

(ただこの事件、裁判で無罪にはなりました)


そのような産婦人科そのものを救う意味でも、この制度は意味があったのです。

posted by リハ技師 at 20:09| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

医療機器開発とベンチャーキャピタル

新書の紹介

「医療機器開発とベンチャーキャピタル」

大下創 池野文昭

経営者新書


うーん、ブログ管理者、

前回の本もそうですが、

あまりリサーチすることなく、勢いで買ってしまうことがあります。

今回もその手の本。


概要としては、

日本の医療機器産業が目指すべき未来像とは?

またベンチャーキャピタルの仕組みとプロセスをわかりやすく解説した、ものとなっています。


うーん、まずそもそもタイトルのベンチャーキャピタルという言葉が

実際この著書でもこのワードの説明がなく、

もう皆さん知っているでしょう、という感じの文調になっています。

考えてみれば経営者新書なので、

このような本を読む人には常識的なワードなのでしょう。

なのでビジネス初心者向けのホームページで検索してみると、

下記のような説明になっていました。

【ベンチャーキャピタルとは、主に高い成長率を有する未上場企業(ベンチャー企業)に対して、ハイリターンを狙った投資を行う投資会社(投資ファンド)のことを指します。】

ベンチャーの基本的な仕組みやら、魅力やら具体的に事例も出しながら説明がありました…。

しかしブログ管理者は全くこの手の話には興味が持てなかったので、

久しぶりに超斜め読みを駆使してしまいました。

少し興味を持てたところは第5章のところ…。


【歴史的にみても、画期的な医療機器の開発には医療現場からのニーズが重要であり、医療従事者、特に医師が大きな役割を果たしてきた例が多い。】


10年程度昔の話になりますが、

当院でも開発課がある地元の業者に移乗用の手すりについて議論し、

その議論に基づいて移乗用の新しい手すりの開発に寄与したことがあります。

他にもブログ管理者が覚えている限り、23、その商品開発に関わったことがあります。

(こういうのがあればなぁというようアイデアを、

ただ口をだしただけなので、当院にお金が入ったということはありません)


企業はあるアイデアを具体化して商品化することはできるとは思いますが、

そのアイデアに関しては、

実際臨床の最前線で頑張っている人たちにはかなわないでしょう。

ゆえにどこにおいても医療・福祉の関係者が医療福祉機器に関して、

アイデアや検証をしているところって意外とあります。


臨床だと1人1人の患者さんと向き合っての医療・介護になりますが、

このような医療・福祉機器の開発に関わることは、

たくさんの人たちが助かることにもつながるものです。

ベンチャーキャビタルというのはよくわからないものの、

企業と医療・介護関係者がコラボして、いい商品を作ることって大切だと…、

そう感じました。


この本800円、

しかしほとんど斜め読み、

うーん今度からは、経営者新書は買わないでおこう。

posted by リハ技師 at 19:10| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

2年目発表会

日曜日に2年目発表会が行われました。
2年目発表は、3分科会。
1つは、大ホール、
あと2つの会場は小学校の教室を少し大きくした感じ。
7分発表、3分の質疑というスタンダードな進行で進みました。
大きなトラブルはなく、
意見交換も結構ありました。
特別講演は、当院の院長から、
「地域包括ケア 基盤 リハ技士としての役割」といううものでした。
講演3日前は、
「う〜ん、どうしようかな、悩んでいるよー」といい、
講演前日、前々日は飲み会や会議などで、
ほとんど夜、時間が取れない中、
ブログ管理者、大丈夫とは思いつつ、少し不安ではありました。

しかし、ふたを開けてみれば、
今後地域包括ケアを進めていくうえで、
様々なヒントが散りばめられていました。

最終的には、参加人数は110名を超えて、今までの最高人数になっていました。
posted by リハ技師 at 20:51| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

県連2年目発表会

明後日の日曜日に、
西川町にある「あいべ」という会場で、
山形県内にある民医連医療機関のリハビリ技士である2年目の発表会があります。(演題数:23)
毎年恒例のものです。
ただ今回は相当久しぶりに2年目発表以外に、
当院の院長の特別講演を設けました。
院長もここ最近(4~5年)外部での講演はしていません。
院長、そういうこともあって
緊張しているからか、
ブログ管理者のところにきては、
「うーん」「うーん」「内容どうすべきかなぁ」と独り言を言ってきます。
しかしそういいながら、何とかするでしょう。

さて、
どんな感じであったか、後日このブログで報告したいと思います。

posted by リハ技師 at 18:21| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

日野原先生 死去

もうニュースで何度も聞いているとは思いますが、

日野原重明先生がおとといの18日に呼吸不全で亡くなりました。

享年105歳。


ブログ管理者、実はまぢかに日野原先生を見たことがあります。

日野原先生が90歳代後半の時に、

法人の何かの記念式典で特別講演を日野原先生にお願いをし、来てもらったのです。

ブログ管理者はそのプロジェクトの実行委員をやっていたので、

舞台裏での日野原先生、そして舞台袖からみる講演の時の日野原先生を

ずっと見続けていました。

なぜかというと…。


日野原先生と言えば、

地下鉄サリン事件で次々と運び込まれ、

他の病院も体制が厳しく、受け入れ人数をかなり制限していくところが多い中、

当時院長だった日野原先生の英断で、

今日の外来は全て中止、そして地下鉄で倒れた人たちは全て受け入れる、としたのです。

この受け入れが他と同様、大きく制限をしていたら、

もっと被害の数は広く、更に深刻なものとなっていたでしょう。

そのエピソードを聞き、医療人として、大いに尊敬してしまったのです。



さて再び講演の時に驚いたことが…。

それは1時間以上あった講演、その間なんと立ちっぱなしだったのです。

話す内容も上手で、時折笑いも入れていて、

皆さん、おそらく満足して帰っただろうなと思わせるものだったのです。


ちなみに日野原先生は、国内で一番早く「人間ドッグ」を取り入れたことでも有名です。


日野原先生のご冥福をお祈りいたします。

posted by リハ技師 at 20:00| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

福祉と介護 「7K」職場の改善術

新書の紹介。

「福祉と介護 「7K」職場の改善術」

佐藤睦夫

経営者新書


この本の内容は1行でいうと、

きつい、汚い、危険などの過酷な介護職場の改善するポイントを述べたもの、と言えます。

(7Kとは、きつい、汚い、危険、帰れない、給料が安い、規則が厳しい、休暇がない、です)

しかしブログ管理者からのこの本の評価としては、

今後の介護は重要な業種であり、

また介護職場業界の労働問題が深刻である、という状況認識は評価できるところがあったものの、

その肝心な改善術が、

どうにもこうにも改善術になっていない、そう思ってしまう内容の本でした。


著者は、

今言われている7Kをポジティブ7Kに変えられれば、そこで働く人は幸せを感じて仕事ができると言っています。

そのポジティブ7Kとは、

希望、期待、感謝、感動、感激、可能性、快感となっています。

そしてこの本での改善術は、

そのような7つの感覚をまず自分自らが感じるようにならなければいけない的なことが書かれています。

だからこそ、

職場では介護のやりがいをきちんとわかってもらう努力が必要だとも言っています。

それがうまくいけば前向きになれると…。

「うーん」「うーん」なのです。

これは部分的には納得できるものの、

これだけだと、7Kそのものの改善に蓋をしてしまっている状態になってしまい、

絶対長続きしない、そう思って読んでいました。

どう見てもこの本の職場改善術は、バランスを欠いているのです。

(7Kそのものの改善は困難があることは十分わかっています、

しかし何かしら対策がないのか、もっと視野を広く、そして深くみていく必要があります)

なぜこのような耳に優しいポジティブ7Kを連呼するのか、

どうもブログ管理者としては、

賃金や職場環境などの改善は現実大変なので、目をつむりましょう、というブラック経営者的な感覚が隠れているのではないかとみてしまいます。


うーん、今回の本はなのでした。

posted by リハ技師 at 19:53| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

ITや人型ロボ 遠隔リハビリに一投

【情報技術(IT)と人型ロボットを活用した遠隔医療でも、お年寄りのリハビリ意欲向上に効果ありー。国家戦略特区として愛媛県が昨年度続ける「リハビリ遠隔医療・ロボット実証プロジェクト」の中間報告で、こんな結果が出た。同県は2018年度まで実証実験を続け、ロボット産業の新たなビジネスモデルに育居たいとしている。】

(中日新聞・長官 201757日 記事引用)


遠隔診療は、聞いたことは何回もありましたが、遠隔リハビリねぇー。

あくまでも研究段階のようですが、国は真剣にこの遠隔リハビリを考えていることが、

記事の文脈からわかるような感じになっています。

実験を行っているのは、

藤田保健衛生大学と国立長寿医療研究センター+1民間企業。

この研究対象、過疎地向けで、

モニターを見ながらの体操指導やリハビリ相談というイメージがあるかもしれませんが、

大都市も人口があまりにも急増し、リハビリ砂漠になっているところもあり、

そのようなところでもこの遠隔リハビリもニーズはかなりあるのかもしれません。


記事によると、

40分間のリハビリ体操をロボットが手本を見せる取り組みを週1~2回、4週間続けた結果、

リハビリ体操の利用者さんの興味(興味度を10段階で評価)は、平均5から7.1へ、

ロボットの抵抗感は、4.8から3.4へ、

逆に親しみやすさは、4.3から7.4に上昇したとのこと。

これをもって記事では、意欲向上に一定程度効果があるかもしれない、ということになったようです。

このような実験が今年度・来年度続けられていきますし、

ホームページで検索してみると、他の企業もこのビジネス

これは遠隔リハビリの実験ではなく、リハビリロボットの開発がメインですが、

将来もしかしたら、

AIなどのテクノロジーが更に発展したら、

「遠くにいるリハ技士」より、「近くの(家にある)リハロボット」を求める世の中になっているかも…。(その場合は、リハロボット+遠隔的要素も機能として加わっているでしょう)


ただブログ管理者、

これを行き過ぎると逆に「閉じこもり」を促進してしまう結果になりはしないかと危惧しています。

posted by リハ技師 at 19:39| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

博多10人死亡火災 当直看護師証言

【福岡市博多区の委員「安部整形外科」で201310月、入院患者ら10人が死亡した火災で、出火時に当直勤務だった女性看護師が毎日新聞の取材に応じた。院内で火災を目撃した関係者による詳細な証言は初めてで、局所的な火災が一気に広がって避難誘導や初期消火が困難だった当時の状況を生々しく語った。看護師は「同じような悲劇を繰り返さないためにも防災設備の充実や定期的な避難訓練が重要だ」と訴えている。】

{毎日新聞(福岡)・夕刊 2017520日 記事引用}


もう少し2013年に置く多この火災を詳しく報告しましょう。

まず死亡者が10名、負傷者が5名。

10人以上の死亡者が出た医療機関の火災は、その前は1973年なので40年ぶりとなるものでした。

温熱療法の機械(ホットパック?)から出火したようで、

当時当院も物理療法機器の点検や、コンセントなどにほこりがついていないかなど、

チェックを入念に行いました。

この火災で亡くなった要因(死因)は、一酸化炭素中毒。

この火災では防火扉が自動的に閉じないように手すりと扉がロープで結ばれていたことが大問題となっていました。(+そもそも防災扉の設備が不十分)

他にも自動的に出るスプリンクラーが設置されていなかったことも問題でした。

このような不十分な状況でなおかつ夜間という体制の中では、

今回の避難誘導や初期消火がうまくいかないのは当然ともいえます。

(当然、当時当院の防災設備は大丈夫なのかのチェックもしました→OKでした)


昨日、当院では年2回おこなっている避難訓練がありました。

今回は夜間で、ナースステーションから火災という想定でした、

地域の消防からチェックしてもらったので、今後の避難訓練に生かしていきます。


posted by リハ技師 at 19:36| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする