2017年05月04日

幸せを呼ぶ!? ウェアラブルセンサー新時代

番組の紹介。

423日の放送。

サイエンスZERO 「幸せを呼ぶ!? ウェアラブルセンサー新時代」


番組のホームページから概要を下記に引用します。

【体に装着して心拍や歩数などを計測するウェアラブルセンサー。人工知能などと組み合わせると、職場の人間関係の改善などにも応用できることが分かってきた。

「全ての子供にわくわくを!」「職場のみんなをハッピーに!」そんなことを実現させるのが、体に装着する計測器、ウェアラブルセンサーだ。これまでは健康作りやスポーツの分野で用いられてきたが、今、思いもよらない分野での研究が進められている。番組では従業員の幸福感向上や、子供が楽しめる教材作りに応用する現場を取材。ウェアラブルセンサーが築く新しい世界を紹介する。】


番組では、介護にかかわるウェアラブルセンサーを用いた報告に興味を持ちました。

腰の痛みを訴える介護職が多いことから、

腰への負担を計測するウェアラブルセンサーを北海道大学のチームが開発。

コルセットには3種類のセンサー、

加速度測定、腰の曲がり具合を測定、筋肉の硬さを測定、

これらのセンサーを組み合わせることでリアルタイムに腰への負担がわかるようになったのです。

そのウェアラブルセンサーがついたコルセットを装着し、

1日つけ、その1日のデータを解析することで、様々な問題が見えてきたのです。


このようなウェアラブルセンサーを使ってリハビリの研究をしようとしているところも出始めています。

NTTと東レ、藤田学園藤田保健衛生大学、NTTドコモの4者で開発した下着(上衣)

この下着自体がウェアラブルセンサーになっていて、

それを患者さんに24時間モニタリングし、脈拍・酸素飽和度などなどの情報を入手できます。

このような情報をうまく使ってエビデンスの高いリハ技術、ケアの在り方がわかってくるかもしれません。


番組では他にその人の幸せ度も図れるような報告も…。

うーん、基本的な情報を組み合わせて、本当にそこまで解析できるのかと、

ブログ管理者としてはにわかには信じられない内容です。

またホームページでウェアラブルセンサーを検索してみたら、

愛し合う2人の「別れの兆候」を予測する愛し合う2人の「別れの兆候」を予測というものもありました、

うーん、ここまでくると「余計なお世話」とつっこんでしまいます。


posted by リハ技師 at 20:18| 山形 | Comment(0) | TrackBack(0) | 番組紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする