2017年05月02日

地域医療構想 病床156000削減へ

【各都道府県が医療提供体制の将来像を示す「地域医療構想」で、2025年に必要な病院のベッド(病床)数は、13年時点の134万床余りから約156000床、11.6%減少する見通しとなることが分かった。構想の策定に伴い47都道府県が8日までに推計した結果を、共同通信が集計した。41都道府県で病床が過剰とされ、山口、鹿児島など8県は削減率が30%を超す。】

(中国新聞・朝刊 201739日 記事引用)


まず「地域医療構想」とは何かをごく簡単に説明しましょう。

まぁ、どの程度地域に医療があるかを分析し、

それに基づいて将来医療提供体制の施策を都道府県が策定していく、というものです。

これは明らかに医療費抑制が目的のもので、

病床削減へ国は誘導していくことは間違いないものです。


最近、県民医連(当法人加盟)が構成団体のひとつになっている山形県社会保障推進協議会が山形県と懇談を行いました。

毎年、社会保障の拡充に向けて行っているものです。

その懇談の中に、この地域医療構想についての山形の対応を問いただしました。

県としては、強制的に病床を減らせということにはならない、とは言ったということなのでやや一安心ではあります。

(他の都道府県も、病床削減ありきではない、と言っているところが多いようです→中国新聞・朝刊 今年の39日の記事より)

ただ今後二次医療圏の中核となる「地域医療構想調整会議」が、どのような展開をしていくのか。

国からのプレッシャーもあり、

今回強制ではないという言質はとったものの、変化していく可能性も捨てきれません。

(国は来年の3月までに個々の病院の病床削減や機能転換について決めるように都道府県に求めているとのこと→中国新聞・朝刊 今年の39日の記事より)


国は都道府県が矢面に立って病床削減・機能転換するように誘導していますが、

この合意形成はなかなか困難でしょう。

そのためそれを後押しするように、

おそらく来年の診療報酬改定で、何か策を打ってくるのだと思います。

どのような内容を国は出してくるのか、ブログ管理者も戦々恐々です。

posted by リハ技師 at 19:56| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする