2017年04月10日

発達障害とどう向き合うか 働く発達障害者を支える

今日は、リハ技士政策委員会主催の勉強会がありました。
リハ技士は主任以上、
看護師さんも師長クラスの人たちがきていたようです。
講師は、
自立支援センターふきのとうの白幡先生。
テーマはタイトルにあるように大人の発達障害についての見識を深めるというもの。
発達障害があるのではないかと考えてしまうスタッフがでてきており、
その対応に苦慮している役職者が多くいます。
今回の講演ではそのような人たちをどう向き合い、支えていくか、
そのヒントが散らばっている講演になっていました。
具体的には気になったポイントとして1つだけ言うと、
「発達障害の二次障害」です。
発達障害があるからと言って、生活や社会に大きな問題を必ず起こすとは限らないということ、
不適切な対応・不適切な環境にいることで、深刻な状況を招く、というものです。
認知症の中核症状とBPSDの考え方と同じであることに気が付きました。
もちろん発達障害と認知症を全く同じ対応とすべきとは思っていませんが、
しかし私たちでもできるような対応の変化・環境の変化によって、
発達障害の二次障害を減らすことができるのです。

リハ技士部としてもこのような見識を深め、
そのうえで具体的な議論を進めたいと思っています。
posted by リハ技師 at 20:17| 山形 | Comment(0) | TrackBack(0) | 発表+研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

極める変形性股関節症の理学療法 加藤浩 先生をお迎えしてセミナー 庄内の囲炉裏と客人 新人研修

小春日和

昨日、
九州看護福祉大学の加藤浩先生をお迎えして
今年度最初の研修会を開催しました。

当法人に入職した10名の理学療法士も参加しました。DSC_1588.JPGDSC_1590.JPG
彼らはラッキーですね
社会人になって初めての専門職としての研修が、
日本の運動器理学療法の代表である加藤先生の講義を無料(病院負担)で聴けるなんて

加藤先生の講義は大変興味深くそして楽しく4時間があっという間でした。
時折体を動かした実技も活気にあふれ、
何より実体験で学習することが出来ました😃PTは好きですよねこういう感じ....
DSC_1591.JPGDSC_1586.JPG

加藤先生は6/11 再来日予定です。
極めるシリーズ...極めたい...少しでも触れたい
真似事ではなく理解して、目の前の患者様に活かしたい
ぜひ、この学びの時間を多くの方々と共有したいと考えています。

この間素晴らしい先生方と多方面に渡りお話しして
多くの共通点や関連性を学びました。
世界で活躍する先生方が東北にお越し下さる貴重な機会です。
皆様の参加をお待ちしております
キーワード検索:PTPTSTネット 東北 庄内の囲炉裏と客人
posted by リハ技師 at 10:21| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする