2021年01月15日

当地域の医療再編 鶴岡協立病院 堀内院長からの年始の挨拶

今回は鶴岡協立病院 堀内院長からの年始の挨拶から。

【2025〜35年を見据えた鶴岡市の医療の在り方を論議する市民の会が動き出しました。講演会やパネルデスカッションが開かれ、何が問題なのか、鶴岡の医療供給体制はどうあるべきなのか、大いに論議されています。今年は市議会の中でもこの問題が協議されると聞いています。この動きは、酒田も巻き込んだ医療供給体制の再編につながる可能性もあり、我々が計画をすすめようとしている新病院建設計画へも大きな関連があります】

鶴岡協立リハ病院 茂木院長も再編の動きを全国的な展開として述べていました。
鶴岡協立病院の堀内院長は、庄内もそのような動きになっていることちを具体的に述べたものです。

生産年齢人口が減っていく中、
10年後、20年後、医療・介護に携わる人がどれだけいるのでしょうか。
特に地方の県庁所在地でもないような市は、更に若い人がいる率は下がっていくでしょう。
少ない人数だからこそ、スタッフが効率的に仕事ができる環境が必要になってきますが、
各地で分散しての独立した対応だと、庄内との医療提供体制を俯瞰してみてみれば、
非効率的なスタッフ管理になり、業務が回らなくなってしまいます。
それは当然、医療体制がコロナでなくても崩壊してしまう可能性をひめています。

地域はそうならないためにも、行政側は様々な施策をねる必要があり、
医療機関も当然その点においては注目して、情報を集めていく必要があるでしょう。

果たして今年は当地域においても、再編に踏み出すような動きがでるのか、
そのようなうごきがあれば、このブログでも報告していきたいと思います。

posted by リハ技士 at 15:28| 山形 ☀| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月14日

NHKスペシャル 池江璃花子 20歳の決意

1月10日に放映された「池江璃花子 20歳の決意」
注目してみていました。
退院直後の体形は、
廃用性の筋力低下もあり、もう本当にやせ細った感じでした。
しかし昨年12月の体形は、もうアスリートの体形に戻っていました。
放送では、
体形的なものよりも、
池江璃花子選手の心模様が中心に描かれますが、
順調に復帰したようにも見えるこの復活劇が、
不安と絶望と孤独とを何度も繰り返したことがよくわかる内容になっていました。

昨年の7月に池江璃花子選手は国立競技場で、
「一年後へ。一歩進む。〜+1メッセージ〜TOKYO 2020」と題したセレモニーに出演しました。
現在コロナで世界が苦しんでいるときに、
白血病という大病と闘い、そして復活しようとしている池江璃花子選手の言葉は、
全世界に突き刺さったようにブログ管理者は感じました。
そして池江璃花子選手は本当に復活に突き進んでいます。

オリンピックがどんな形であれ、
みんなの心を熱く、そして明るくさせるようなものとして、できれば…。

いま苦しくても、いつかはみんなが希望をもった生活できる、
この番組をみて、しみじみ、そう感じてしまいました。
posted by リハ技士 at 19:32| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月13日

地域医療構想

鶴岡協立リハ病院 院長の年始の挨拶の中に、

【病床削減目標については、「令和2年版厚生白書」により休眠病床8.7万床であることが明示され、約5万床の全介護療養病床、25対1の医療療養病床の約7万床を合わせて超過達成可能となりました。さらに今回のコロナ危機により急性期の役割が再評価されたため急性期を19.2万床削減は非現実的になりました。しかし今後も再編と統合はすすんでいきます。】

院長が最後に述べたように、
国が強制的な対応をしなくても、再編と統合は必ず起きます。
それはやはりまず生産年齢人口が今後更に減少することで、
医療・介護の人材確保がままならないことが容易に想像がつくからです。
それから10〜20年経過すれば、今度は高齢者の数も減っていきます。
つまり患者さんや利用者さんの数も減ることで、
仮に勤務するひとを確保できても、需要数が減少するので、
事業所としては縮小するか、再編・統合するしかありません。

確かに現時点では、急性期病床の19.2万床削減は、現実的でなくなったかもしれません。
しかし今回コロナを受け入れる病院とコロナを受け入れられない病院があることが、
番組でも特集されました。
いずれ、新たな感染症を受け入れられない急性期病院は、
診療報酬の改定で経営的にやっていけないような仕組みにするのではないかと危惧しています。
新たな感染症は患者さんの隔離が伴うので、その隔離したところには専属的な対応が必要です。
しかしそうなると勤務管理的には非効率で、人員的に余裕のあるところ以外は、なかなか困難です。
コロナを受け入れている病院は、
公的機関か大病院が請け負っていますが、
民間の中小病院は、そのような病院と比べて、
看護・介護の職員数は絶対的に不足している状況でやっているのです。
ただでさえ生産年齢人口が減る中、いくら人の確保が企業努力と言っても限界はあるでしょう。
そうなると確かにこのコロナ禍では、政府や財務省は言わないかもしれませんが、
忘れたころに先ほどの施策を提出してしまうのではないかと…。

ブログ管理者の推測が間違っていることを願うばかりです。

posted by リハ技士 at 15:48| 山形 ☔| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月12日

鶴岡市 総合計画のキャッチフレーズ

毎年年始は、
1階ロビーで出席できる人がたくさん集まって、
茂木院長から年始の挨拶をもらうことになっています。
しかし、今回はこのコロナ禍ということで、
年始の挨拶は、病院報として、回覧されていました。
その茂木院長の文章の中で、鶴岡市の第2次総合計画のキャッチフレーズが、
「毎日おいしい。ここで暮らしたい」というものでした。
(若干、おいしい山形空港、おいしい庄内空港のキャッチフレーズに影響を受けているような…)
やや食産業や食文化に重点をおいたようなキャッチフレーズ
(もちろん、おいしいと言ってもらうためには、
食だけではない総合的な中身が必要なので、
意味的にはもっと深い内容のキャッチフレーズでしょうが…)
この計画は令和2年〜令和4年に関してのもの。
このコロナ禍で食産業へのダメージは計り知れないですが、
はやくこのキャッチフレーズを、どうどうといえる日がきてもらいたいものです。

明日も茂木院長の年始の言葉から話を広げたいと思います。
posted by リハ技士 at 18:08| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月11日

2回目の採用面接

1月20日は、2回目の採用面接。
今回はPT1名、OT2名が応募。
まだ採用面接日ぎりぎりまで待っています。
posted by リハ技士 at 17:49| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月08日

インフルエンザとコロナ

やや古い報道かもしれませんが、
昨年の12月21〜27日までの7日間のインフルエンザ発症数は、
全国で69人だそうです。
(この傾向は多くの諸外国と同じ、
以前のブログでは例年の600分の1と報告しましたが、
そのあとの報道では1500分の1、という報道も…)
これだけマスク着用が徹底していることや、
自粛した活動が影響を及ぼしているかもしれませんが、
逆に言うとこのコロナ陽性者数の急増をみると、
これだけの感染対応をしているのにも関わらず、その感染能力の高さにびっくりします。
というより、無症状者がおおいことが、この感染拡大に繋がっているかもしれません。
もう1つ説があります。
それは、ウイルスの干渉、というものがはたらいているというものです。
ウイルスの干渉とは、
ウイルスが侵入する細胞側の受容体が新型コロナに占有され、
インフルが入り込めなくなる、のだそうです、
更にあえてもう1つ理由を言うと、
このインフルエンザも、このグローバルな世界の中、
国から国の移動が自由であり、ウイルスも拡散されるのですが、
今回のように渡航制限をしているということも拡散につながらなかった、ということもあります。
(特に南半球ではやらなかったのは大きいです)

おそらくインフルエンザは、今年は流行期には入ることは無いでしょう。
インフルエンザのように発症が明確に出ないこともあるコロナ、
そして感染能力が異様に高いことを、
ぜひともこのブログを見ている人は、胸に刻み込んでもらって、
今後の生活を皆さんも送ってもらいたいと思います。

posted by リハ技士 at 15:05| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月07日

再度大雪へ

もうこのブログを入力している時点で、
いかにも積もりそうな雪が降りつづけています。
このせいで小中学校はお休み、
明日も休みになるという情報が…。

この雪だけでなく、風もこれから相当のようで、
もう嫌になってしまいます。

更に土曜日・日曜日の予想最低気温は、
-10度〜-12度のようで、
もう北海道なみで、
確実に大雪になるのは間違いないことだと思われます。

ガラスの腰であるブログ管理者としては、家周りの雪かきで、
くだけてしまうのではないかと…
更なる高齢者世帯のところは、もっと大変ですよね。

土日あけてからの、訪問リハ車の雪かきがまた大変になりそうですし、
運転も大変ですよねぇ〜。
訪問リハスタッフの皆様、とにかくご苦労様なのです。
そして、朝手伝える方いれば、他のスタッフもよろしくお願いします。
posted by リハ技士 at 13:29| 山形 ☀| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月06日

もうすぐ1都3県緊急事態宣言

緊急事態宣言が、場所限定で行われます。
まぁ都会の話だから、関係ない………!!?

このことで気になるのは、
この緊急事態宣言を受けて、
デイケアや訪問リハ、通所リハの利用者で、
緊急事態宣言におかれた1都3県から関わった人の扱いをどうすべきか、ということがあります。
もちろん職員も同じ理由で、検討しなくてはならないかもしれません。
(この緊急事態宣言、
ワイドショーからの情報で申し訳ありませんが、短くて1か月だそうです)

いやこの上段の文を、気にし過ぎだという批判もあるかもしれません。
ブログ管理者の感じ方が過剰ということであれば、別にいいのですが、
ただこの都会での感染者数増(今日、東京は1500人越え)は、やっぱり気になります。

果たして…。
posted by リハ技士 at 14:23| 山形 ☀| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月05日

大雪

もう大雪です。
通所リハの送迎も大変ですが、
訪問リハの従事者も朝から車の上や横にある除雪で苦労しています。
特に昨日は年末年始分つもった作業だったので、
大変苦労したと思います、
ご苦労様なのです。

今日も相変わらず雪は降り、
なおかつまた木・金・土・日と大雪がふるような天気予報になっています。
このブログを見ている人も、
朝早く起きて、家の前を除雪している人も多いでしょうが、
訪問リハ従事者は、出勤してから再度雪かきすることもあり、大変です。
昨年は雪が本当に降らない年でしたが、
今年はもうその分降っていると思わせるような降り方です。

ブログ管理者もそのせいで腰を痛めています。
天気予報がはずれて、快晴であることを切に願うばかりです。
posted by リハ技士 at 13:31| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月04日

年はじめ

もう元旦にご挨拶しているので、
今年一番最初のブログではありませんが、
今一度、
今年もよろしくお願いいたします、です。

さて2月12日がブログ開設記念日で、13年目に入ります。
2008年が丑年で、
今年が丑年ということで、2回目の丑年スタートです。
2008年は、首相は福田さんから麻生さんに切り替わった年、
アメリカ大統領は、ブッシュ(息子)の最後の年
あとオリンピックは北京で行われました。
衝撃的だったのは、秋葉原無差別殺傷事件でした。

果たして2021年はどのような年になるでしょうか。
posted by リハ技士 at 14:44| 山形 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする